それゆけ新卒社会人!「新卒者職務への心構え3選」

初段…会社は、チームワークで成り立っている。

今まで、学生生活を送ってきた皆さんに、このページを見て少しでも、新社会人になることを、心待ちにしていただきたいものです。学生と違って会社組織は、縦横の連携なくしては、成り立ちません。まずは初段として、「会社組織はチームワークで成り立っていること」を理解しましょう。例えば、一人優秀な職員がいました。しかし、チームの皆がその優秀な職員に、まかせきりで、周りの職員はあまり仕事をしませんでした。次第に、その優秀な職員はやる気を失くし、そして仕事を辞めてしまいました。それでは、会社はうまく回りません。一人の素晴らしい活躍よりも、チーム全体で功績を上げる方がひとりひとりにかかる仕事量や、モチベーションの維持に有効です。兎にも角にもチームワーク、協働の姿勢で職務に臨みましょう!!

二段…同僚や先輩などの嫌う仕事は先にやる。

人が嫌う仕事は誰でも嫌になるもの。ですが、その嫌な仕事を自分が先にやることで、ほかの職員が仕事しやすい環境になると思いませんか?多少なりの自己犠牲精神は常に持ち合わせることも、大切な心構えの一つです。しかし、自己犠牲ばかりでは、損してしまうのでは?と、お思いのあなた、朗報です。あなたが、もし今後、後輩の指導を行う際に、嫌がる仕事でもせっせと行う後輩と、皆が嫌がる仕事には寄り付かない後輩のどちらを大切にしますか?固定的感覚かもしれませんが、きっと、懸命に嫌がる仕事をこなしている後輩を大事にするはずです。ただ好かれる後輩を目指すのではなく、会社や、他の職員を少なからず助けられる職員を目指してみてはいかがでしょうか?

三段…仕事のon:offの切り替えを。

仕事と自分の時間をしっかりと切り替えましょう。仕事に熱中し過ぎると、家でも仕事のことを考えてしまいますよね。新卒社会人になった私も同様に、誰かに認めてもらいたくて、家にまで仕事を持ち込み、こなしていました。時間ばかりかかってしまい、能率は下がる一方で、細かなミスも多くなっていました。そんな時上司に、「仕事はマラソンと同じ。短距離走じゃ無い。途中でスタミナ切れをしてしまうと、大きな事故に遭うことがあるんだよ。」まさにその言葉通り。大きなミスをしてしまいました。上司の言葉を思い返しました。それと同時に、私のミスを、同僚や先輩達がカバーしてくれていました。仕事をする以上、モチベーション維持を行うことは社会人としてのまず一歩目にあたるのかと思いました。仕事を行えるメンタル維持のためにも、仕事のon:offをしっかり行うことも必要な条件だと思いました。これら、初段から三段まで、説明いたしましたが、新社会人の皆様の心に少しでも響けば幸いです。

社員教育はプロにお任せする事がおすすめです。会社の意に沿うプログラムで社員の意識を変えていきましょう。