電話のマナーって難しい…社員研修でマスターしよう!

電話をかける際の礼儀!

同級生同士の電話なら手慣れたもんでしょうが、社員として電話をかける際には、いくつかのポイントがあります。まず電話の向こうにいる相手は知り合いではないので、丁寧語で話すのが当たり前です。相手の表情は見えないので、声のトーンから相手がどんな心理状態にあるのか洞察することが大切です。丁寧な話し方で相手に聞き取れるようゆっくり話を伝えるべきですよ。電話の応対は新入社員の登竜門とも言えますから、社員研修でもこのような電話のマナーを学ぶことは多くなるでしょう。

電話を受ける時の礼儀!

電話を取った瞬間に言う言葉は会社名ですよね。会社の名前はいろいろあると思います。長い社名もあれば、短くて言い易い社名もあります。長い社名だと略しがちになりますが、会社で電話を取った時は正式名称で答えるべきですよ。慣れていないと舌を噛んでしまったりしますけど、そうならないためにあるのが社員研修なんです。お客からの電話なのに、会社名もろくに言えないなんて思われたら恥になります。会社の名前を早口で繰り返し言う社員研修もありますよ。慣れてくればスラスラ言えるようになるものです。

丁寧な聞き返し方がある!

電話をしている時に相手が何を言っているのか聞き取れないと、何度も聞き返さなければならなくなります。そんな経験をした方ならきっとわかると思いますが、電話をかける場所によっては電波が悪く、相手が何を言っているのか分からなくて困ることもあるんです。そうした時にも丁寧な聞き返しをしなければなりません。状況に応じてある程度決まった言い回しを覚えておくというのも、社員研修ならではの学習内容ですよ。新入社員の電話番は基本になりますから、研修時には念入りに練習しておくといいですよ。

管理職研修を導入する利点として、部長や課長などの役職者のモチベーションの維持につながることがあります。